FC2ブログ

一口ゲ○日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

お盆 



実は先々週末だったか、キャンプを予定していて、
兄貴はこのカートを購入したりと、めっちゃ気合入っていたのに、大型台風の襲来とな。
私は私で、キャンプ場の下調べから場所の仮押さえ、申請書類のPDFと格闘したり、解らなくて結局手書きでFAXしたり、かと思えば、またキャンセルの電話したり。
楽しみにしていた分、落ち込みが激しかった。


その分、新潟滞在中にパーッとやろうと。

米山のフィッシャーマンズケープへ行けば、食材買い込んで、すぐに焼き場コーナーあるし、
なんなら、これ↓

を持ってきたので、ベランダBBQもいける、と踏んだ。(使わなかった。)




とりあえず、初日は新潟県入りが目標。

長岡泊。ビジホで有りがちな“湯呑みウイスキー”





夕飯はここで食べた。



アプリ入れると初回500円引きらしくて、有り難く特典を頂戴した。



寿司の写真撮らなかったくせして、これだけ撮る。



デザートの提供スタイル、片意地張りすぎだろ。




翌朝。すき家の高菜明太マヨ大すきや。






燕三条ス○ックバスターズの開店待ち。







この店は、金物で有名な燕三条の地場産デットストック品を、アウトレット価格で販売しているので、ウマーなお品が沢山ある。上越市にも支店があるよ。







何故かCAMBR○もある。





安過ぎだろ、ネットだと2500円くらいすんぞコレ。






昼飯は新潟名物イタリアン。



焼きそば風ソフト麺にミートソースが掛かっている代物で、
当初は「絶対無いだろ」と思っていたのだけど、数年前、某家から差し入れを頂いてから激ハマり。
宇都宮餃子の、正嗣、みんみんのように、
新潟でも、フレンド、みかづき、と、二大巨塔があるのだけども、私は断トツでフレンド派だ。
歯いらんじゃね?っていうくらい、麺がやわやわで、これが意外なくらいにミートソースとの馴染みが良い。
あと実は餃子も美味い。



スーパーで買い出して、新潟での定宿へ到着。





兄貴は即落ち。






翌朝飯。料理はする気が無い。








三日目










新潟、戊辰戦争イメージ無くね?とか思ってごめんなさい。
たっぷり二時間いた。

資料館とか博物館とか、集中してるから、話し掛けられるとイラッとするよね。
あと、展示物見るより、説明文読んでいる時間の方が長いよね。





その後は、新潟滞在中のおもちゃ探しにブッコフへ。




第四シリーズ抜け落ちで、第九まで全部買うと、98000円かぁ。臓器売ろうかなぁ。





とりあえず、一呼吸置くために、こんなの買ってみた。



KR○VAのテクノアレンジ糞。





昼飯。



二日連続でフレンドだけど、今日はカレーソースだよ。
チーズソーストッピングは+100円だけど、奮発した方が絶対美味いよ。






長岡駅にも出来たと聞いて。



お土産コーナーは酸素薄い位にごった返していたけど、試飲コーナーはガラ空きだった。なんでよ。







塩とか醤油とか味噌とか、食べ比べも出来て面白いよ。




こんなの絶対美味いだろ。






夕飯だよ。料理する気は毛頭無いよ。なんならガス栓すら捻って無いよ。






購入した醤油二種。



イカ刺しをイカの肝醤油で。期待を裏切らない味だったよ。
小卒の頭に食レポなんて無理だよ。

右のおしょうゆは、旨味があって、卵かけご飯や湯豆腐でも頂きたい感じだった。






翌朝飯。



浜辺のカップルがオカリナ吹いててカオス。


出雲崎の道の駅天領の里は、朝九時ぐらいから売店やってるし、何気にたこ焼きが美味いよ。
なんなら、イカ焼きとか浜焼きもあるし、寺泊へ買い食いしに行くより手っ取り早いよ。





昼飯は、せきとりの半身揚げテイクアウト。



やっと食べれたよ。いつも行くときは店休でさ。

揚げと蒸しと一個ずつ頼んで、近くのコンビニでお握り買って食べたのだけど、
これ車の中で食べる代物じゃないね。

バッキバッキ小骨引き千切っては、無言で貪り食うお互いの姿は、直視出来るもんじゃ無かったわ。
写真無いけど、蒸し鶏はビニール袋に汁ビタビタに入ってるのだけど、「これストロー欲しいわ」って言いながら飲んでたからね。




気を取り直して、デザートでインスタグラマー感を出してみる。





そして、予定ではもう一泊だったのだけど、
帰路の渋滞予測にドン引いた兄貴は、今日中(13日)中の帰宅を決断。





この木目を見ると、現実への引き戻され感が凄い。






この本も、新潟のブッコフ(BOOK○FFって中折れチンコって意味らしいよ)で買ったのだけど、
10年位前に深夜アニメでやっていたらしい、全然知らんかった。



当時は、まだ兄貴に出会ったくらいだったか。
一日一本ウイスキー飲んでて、死にかけの廃人だったよ。
テレビも観てなかったから、知らなくても当たり前田のクラッカーだね。




何故、この背景色に、この文字色にしたんだろか。





帰路は大きな渋滞も無く、途中、群馬の義実家にも立ち寄ったりして、


翌朝は、義祖父母に頂いた胡瓜とおはぎと、新潟で買った酒肴で御飯を頂いたよ。










久々にちゃんと日記書いたわ。



お墓参り出来なかった分、群馬へはこの週末にゆっくり行ってきます。

スポンサーサイト
trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。